Youtubeチャンネルを開設

最新の日本語ラップを中心に紹介中!

チャンネルはこちらから

新時代到来!?ラッパー”kZm”のヴァーチャルライブに潜入してみた


時代は刻々と変化している。VRやARなどと呼ばれる現実世界とヴァーチャル世界をリンクさせる技術が当たり前に体験できるようになった。そして、未知のウィルスにより、今までの固定概念が通用しなくなった現在、アーティストのライブパフォーマンスにも変化が生じている。

今や日本を代表するヒップホップアーティストである「kZm」がクリエイティブ集団・PARTYが開発したヴァーチャル パーク システム 「VARP」とコラボレーションを行い、2ndアルバム「DISTORTION」の世界観をヴァーチャル・ワールドとして構築。
専用アプリを通してヴァーチャル・ワールドへログイン。その世界観の中でヴァーチャル化した「kZm」による怒涛の30分間ライブパフォーマンスを体験できる。

そこで、Jrapは2020年7月31日(金)21:00より行われた「kZm-VIRTUAL DISTORTION」に潜入してみた!

圧倒的クオリティを誇るビジュアル

豊富なコスチューム

自身のアバターコスチュームは選択可能であり、豊富なバリュエーションを揃えている。

バスケユニスタイルだったり、

カジュアルスタイルだったり、

ベンチコートスタイルなど


自分の好きな好みに合わせて、”VIRTUAL DISTORTION”に参加できる。

 

美しい世界観

”VIRTUAL DISTORTION”はその名の通り、”DISTORTION”の世界観をヴァーチャル空間で再現している。砂漠の孤島にターンテーブルとステージ。横にはレットブルショップ(協賛)。そして、ステージの後ろには、巨大な「kZm」像。
ちなみに、レットブルショップをタップすると、アマゾンのレットブルECショップにリンクされており、思わずポチリたくなる、なんとも商売上手な設計をしているなと感心してしまった。

本当に無料でいいのかと思うほど、ヴァーチャル空間の再現性や操作性が素晴らしく、クオリティに感動。空間内では、他のログインユーザーもリアルタイムで同一の空間にいるため、より本場に近い”臨場感”が味わえた。

空間内を自由自在に動き回れる。(このクオリティで無料とは。。)

タイトルとURLをコピーしました