Youtubeチャンネルを開設

最新の日本語ラップを中心に紹介中!

チャンネルはこちらから

これを見れば間違いなし!フリースタイルMCバトル名場面集!

Ⅳ. 戦極MCBATTLE

(引用 : https://sengokumc.exblog.jp/)

2012年より、「MC正社員」が主催するフリースタイルMCバトル。当時、アングラ色が強かったフリースタイルバトル大会を払拭するべく、誰でも足を運べるMCバトルとして、地道に活動をし続けた結果、現在最も注目度が高いフリースタイルバトル大会にまで地位を昇りつめました。また、「U-22 MC BATTLE」など、若手が名を馳せるような大会も開催しており、ここで人気に火が付いたラッパーも多くいます。日本語ヒップホップ界に大きく貢献するイベントの一つです!

対決①「晋平太」vs「DOTAMA」(戦極MCBATTLE 第5章より)


数々のMCバトルで名を馳せた実力者同士の戦い。韻を踏みながら的確なライムで攻める「晋平太」と、高速ラップで畳みかける「DOTAMA」。怒涛の「DOTAMA」のディスに、着実にアンサーを返す「晋平太」の強さが伺えるバトルですね。

対決②「SAM」vs「ID」(戦極MCBATTLE 第18章より)


盟友同士である「SAM」と「ID」の一戦。即興性がありながらも固い韻で観客を湧かせる「SAM」に対して、自由なビートアプローチで誰も真似できない唯一無二のスタンスでラッピングする「ID」のバトルは湧かずにはいられません!

対決③「じょう」vs「藤KooS」(U-22 MCBATTLE SP 3on3 2018より)


00世代代表格である藤KooS(Fuma no KTR) 対 高校生ラップ選手権で一躍有名になった「じょう」によるフリースタイルMCバトル。観客の上がり方ひとつとっても、両者の人気がみてとれる一戦です。本当にフリースタイルの即興でラップしているのか疑いたくなるほどのビートアプローチで観客を湧かす両者の戦いは誰がみても楽しめる一戦ではないでしょうか!

対決④ 「U-mallow」VS「S-kaine」(U-22 MCBATTLE 3on3 SP 2020より)


現在のフリースタイルバトルシーンで、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中の若手ラッパー両者によるバトル。両者のスタイルがバチバチに交錯。次世代を担うラッパーのフローとビートアプローチに、思わず痺れてしまいますね!

Ⅴ. ADRENALINE (真 ADRENALINE)


戦極MCバトルから派生し、現在は”Sound Luck” (「HIDE」と「ACE」)主催で開催されている本大会。バンド生演奏によるフリースタイルバトルが特徴。DJブースから流れるバトルビーツとはまた違うクラシックなメロディでMCバトルが行われ、ジャジーな雰囲気と棘のあるライムが入り組むバトルは観客をより一層魅了させます!

対決① 「R-指定」vs「晋平太」(ADRENALINE 2019 FINALより)


「晋平太」がバトルラッパーを引退するということで実現したスペシャルマッチ。2010年のUMB大会、フリースタイルダンジョンでのバトルと、「晋平太」に負け越しが続いていた「R指定」が最後のマッチメイク相手として登場。MCバトルファンであったら興奮が収まらないマッチカードであり、フリースタイルMCバトルのレジェンドである「晋平太」にとって、最高の華舞台となりました。前述したUMB2010年大会のバトルムービーをみてから、このバトルムービーをみることをおすすめします!

対決① 「輪入道」vs「呂布カルマ」(真 ADRENALINE 2020より)


フリースタイルダンジョンの2代目モンスター同士のバトル。「呂布カルマ」がサングラスを外しているときはバチバチのバトルモードであり、相手はプロップスの塊である「輪入道」。両者の熱量が互いにぶつかり合っている名勝負であります!

Ⅵ. 凱旋MCbattle

(引用 : https://twitter.com/gaisenmcbattle)

「怨念JAP」が主催するフリースタイルMCバトルイベント。多くの若手ラッパーが出場する大会で、東西選抜でバトルを行うことが特徴。

対決① 「スナフキン」vs「MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻」(凱旋MC battle東西選抜夏ノ陣2019より)


高校生ラップ選手権で一躍有名になり、その後もバトルで功績を残し続けた「MC☆ニガリa.k.a赤い稲妻」と、日本随一のビートアプローチセンスを持った「スナフキン」の一戦。両者のスタイルウォーズに魅せられる一戦。

対決①「HARDY」vs「TERA-Z」(凱旋MC battle東西選抜夏ノ陣2019より)


若手実力派の「HARDY」と「TERA-Z」の一戦。レゲエスタンスの「TERA-Z」に対して、毒の強いディスで相手を負かす「HARDY」の対決は、次世代ラッパーの中でも頭一つ抜けたバトルになってます。

いかがでしょうか。フリースタイルバトルには興味なかった方もこの名勝負達には思わず上がってしまったバトルもあったんじゃないでしょうか。

以上、これを見れば間違いなし!フリースタイルMCバトル名場面集!でした。

タイトルとURLをコピーしました