Youtubeチャンネルを開設

最新の日本語ラップを中心に紹介中!

チャンネルはこちらから

日本語ラップシーンのニュースター「Tohji」

現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで日本語ラップ界のニュースターとなりつつある「Tohji」。
Jrapでは、「Jrapがオススメする注目のラッパー7選(2019年版)」で紹介。予想通り、2019年に入りその芽は日々大きくなりつつあります。この台頭を表現するならば、2000年代初期にさんぴんラッパーが旺盛する時代に、1MC1DJにシンガーを加えた「m-flo」、はたまた2012年に彗星の如く現れ、日本語ラップシーンにトラップを浸透させた「KOHH」といった、時代に風穴を空けたラッパーの出現と通ずるものを感じますね。

今回は、そのような彼にスポットライトを当て、あらためてその魅力をお届けします!

Mall Boyz

(Mall Boyz 右:Tohji  左:gummyboy  出典:THE MAGZINE https://magazine.tunecore.co.jp/stories/4792/)

生い立ち

1996年にロンドンで生まれ、東京・横浜育ちの「Tohji」。自身を天才と称するように、彼は東大生を数多く輩出する名門「麻布中学・高校」に進学しており、まさしく天才にふさわしい頭脳の持ち主です。
その中で、過激な“やんちゃ系”に属していた彼は、中学生のときに学校の先輩達と一緒に
キングギドラなどを聞いて、ラップに興味を持つようになったそうです。一方、その過激さから、学校内では過激派の中心メンバーとされ、彼は校内の数々の”事件“の首謀者として、その責任を負う形で、麻布高校を中退することになります。

この中退がきっかけで、自身を見つめなおし、本格的に音源制作をするように。その後は、気の合う仲間が多そうという理由で、武蔵野美術大学に通っており、そこで「Mall Boyz」としてともに活動する「gummyboy」と出会い、現在の活動へとつながっていくことになります!

ラップスタア!誕生

彼を一躍有名にさせたきっかけは、Abema TV の人気番組 “ラップスタア!誕生”。シーズン1では惜しくも優勝することはできませんでしたが、その個性的なキャラクターとリリックセンスが審査員のラッパー達にも好評で、特に「SEEDA」は彼を絶賛。その縁もあり、「Mall Boyz」にて”cool running feat. SEEDA”で客演も果たしております。

当時のことはこう語っております。

なぜ「Tohji」に魅了されるのか

彼の魅力はなにか。それは、その天才的頭脳からあふれるリリックのセンスと、唯一無二のフロー(ラップのノリ)ではないでしょうか。

 

Lyric
(Tohji)
Ayo 俺は空を飛ぶ お前なびかせる髪 太陽の光
Ayo 俺は空を飛ぶ 雲の上に吸うコケイン 俺らレミオロメン
Ayo 俺は空を飛ぶ お前なびかせる髪 太陽の光
Ayo 俺は空を飛ぶ 雲の上に吸うコケイン 俺らレミオロメン

(gummyboy)
まじfuck 打ち込む角 俺ベッカム
転がる石 苔つかない なびかせる yeh yeh yeh
降る札束 太陽が燃やし bust down
遠くに飛んでく 乗る簡単
Gummy 楽しい 稼ぎ 食うはま寿司
嘘言わない 袋に詰める菓子
仲間を集めて みな寝ずに飛ぶ
増えてく ゼロより みなぶち上がり

(Tohji)
唸る声 金を稼ぐ マジでゼロから億まで桁増やす
光る金歯 首元にチェーン その金で買う 2人だけで過ごせる時間 (OK!)

Ayo 俺は空を飛ぶ お前なびかせる髪 太陽の光
Ayo 俺は空を飛ぶ 雲の上に吸うコケイン 俺らレミオロメン
Ayo 俺は空を飛ぶ お前なびかせる髪 太陽の光
Ayo 俺は空を飛ぶ 雲の上に吸うコケイン 俺らレミオロメン

(Tohji)
俺よりセンスが無いのに足だけ引っ張る馬鹿マジ多い
お前が仲間と群れてる間 俺 EPだけで550 (※1)呼ぶ
お前ら隠れて引き算で勝負
俺らは足し算で全部見せてる
知ってる答えなぞってるだけのお前
新しく答え 作り出していく俺

(gummyboy)
皆飛んでる 吹き出す俺のコーラ
キキまたがり ニンバス2000乗る
変わってく 信号機の色を見る
俺らを許してくれるみたい

(Tohji)
Ayo 俺は空を飛ぶ お前なびかせる髪 太陽の光
Ayo 俺は空を飛ぶ 雲の上に吸うコケイン 俺らレミオロメン
Ayo 俺は空を飛ぶ お前なびかせる髪 太陽の光
Ayo 俺は空を飛ぶ 雲の上に吸うコケイン 俺らレミオロメン

(※1) イベントで、550人の満員でソールドアウトさせたこと

 

リリックをみると、まるでなにかの小説の一節かのように、比喩表現を多用しており、眺めるだけでも楽しいですよね。フック部分に、白い粉末を「粉雪」に変換し、それを「俺らレミオロメン」と表現してしまうなんて、常人では絶対マネできない。(笑)
また、足を引っ張ることや陰口を“引き算”で例え、自身の活動や表舞台で活躍していく姿を“足し算”と表現し、今の若手ラッパーやアンチ達へのディスを綺麗に対比させてます。

また、フローも、彼曰く「感覚的に降りてくる」とのことですが、どこかポップさがあり、ラップ特有のゴリゴリ感を感じさせません。このポップ感は、おそらく彼が中学でサッカー部に所属していた時に、アップ中に「モー娘。」などのJ-POPを聞いていたことが良い影響を与えているのではないでしょうか。
個人的には、「gummy boy」の「食うはま寿司」のフローも最高です!

活動の幅はワールドワイドへ

2019.03 25には、渋谷WWWにて「Platina Ade」を主催。「Tohji」と親交のある若手ラッパーが一同に会したイベントで、超満員を記録。彼の人気の高さが伺えますね。

また、韓国では「ULTRA KOREA」に出演。その後際のVLOG。

ベトナムの気鋭クリエイター集団「ANTIANTIART」とともに、“HI-CHEW”をハノイで制作したりするなど、活動の幅はワールドワイドへ! 今後がますます期待ですね!

いかがでしたか。これまでのトラップを得意とするイケイケラッパーとも、はたまた頭脳明晰な高学歴ラッパーともカテゴライズされることのないニュースター「Tohji」。乞うご期待!!!

NEW MIX TAPE

最新情報はここでチェック↓


YouTube
SoundCloud
Twitter
Instagram


 

タイトルとURLをコピーしました